メイン
2011年2月23日
勉強会

2011%E6%9C%89%E5%BF%97%E4%BC%9A%E6%9C%80%E7%B5%82%E7%89%88%EF%BC%91p.001.jpg

昨日、富山市の開業医の先生の勉強会にお邪魔して、矯正治療の話をしてきました。
今年の初め、富山市歯科医師会の新年会の時に、その勉強会の代表の先生に「先生の矯正治療の話をうちの勉強会でしてもらえませんか」と声をかけていただき、昨日、本番を迎えました。
歯科医師、技工士総勢20名ぐらいの前でプレゼンテーションしてきましたが、普段しない事はいつやっても緊張します。(昨年夏、富山大学歯科口腔外科の同門会で話をさせていただいたときも緊張しました)今回は約120ページのスライド(プロジェクターでやってもスライドとよぶのかな?)を用意し気合い十分でのぞんできました。自分が、日々行っている事を周りの一般歯科の先生に聞いていただく機会はとても貴重で、矯正治療を専門でやっている私にとっては、連携の第一歩になります。きっと一般歯科の先生方も、大事な患者さんを紹介するにあたっては矯正医がどんな人間でどんな治療をするのか知りたいと思うでしょうから本当に良い機会でした。
質問を、途中でも受けながら話を進めましょうという事にしたのと、私の気合いが空回りして、120枚完走はできませんでした。通常、学会や講演での時間オーバーは御法度ですが、残りはもう一度来月にという事にしていただきました。
準備は大変だったのですが、他の先生(特に一般歯科の先生)と臨床の話をするのはとても楽しい事で、充実した時間をすごせたと思います。


メイン
2010年3月 4日
インビザライン[あえば矯正歯科医院ブログ]

2月25日東京で行われたインビザライン(マウスピース型の見えない矯正装置)認定コースを受講してきました。
インビザラインが日本に登場したのは数年前だったと記憶していますが
まだ、発売されていない(受け付けていない)時に最初のセミナーがあって、以前勤務していた矯正専門医院から聞きに行って以来です。

IMG_1623.jpg

午前中は、前半に適応症例と診断、後半に検査やインビザライン製作までの手順。
午後は、前半にアメリカのアライン社(インビザラインを作る会社)とのやり取りの手順、後半に症例提示という流れでした。

IMG_1621.JPG
インビザラインは、アメリカでとてもはやっているとのことです。
これは、前のセミナーを受講したときも言ってました。日本でも徐々に症例数が増えているとのことですが、爆発的な人気ではないようです。
やはり、日本人の矯正治療とアメリカ人の矯正治療では対象となる人種の差が適応症を変えているのが大きな理由でしょうか。

以前は、どんな症例にも使えますみたいなセミナーだったような気がしますが、今回の講師の先生は、症例を選びましょう。難しい症例はインビザライン単独ではなく、ブラケットなどの矯正装置と併用しましょう。と・・・
事実だと思います。もちろん、インビザライン単独で十分な方もいらっしゃるとは思いますが、従来の装置と併用したほうがよいのではと、私は考えます。

表側への装置装着が、矯正治療をはじめる障害になっているのであれば、舌側矯正やインビザラインの併用で治療をするのも1つの方法ですね。ご相談ください。


メイン
2009年8月31日
舌側矯正講演会[あえば矯正歯科医院ブログ]

昨日、東京秋葉原で舌側矯正の講演会があったので聞きに行ってきました。
100名ほどの参加者だと思いますが、とてもきれいな会場で、演者の表情がしっかり見える距離で、なんだかよい講演会の予感。。。(材料メーカー主導の講演会は時々方向性があわないことがあるのだが、今回は・・・?)

終わってみれば、面白い講演会でした。特に、一人目の講師の舌側矯正のメカにクスとその変遷は面白かった。たいていこういう講演では良く治ったものを提示されることが多い。しかし、この先生は、うまくいかなかったことも含めて、先生がたどってきた変遷を写真や図を交えて見せてくださったので、とてもわかりやすかったんです。舌側であろうが唇側であろうが、メカにクスを理解し、個々の反応を見ながら毎回毎回診断し治療を進めていく、そのことがひしひしと伝わってくる講演でした。

ところで、皆さん秋葉原に最近行きました?
ずいぶん様変わりしてしまって、ビックリでした。
2009-08-30.jpg

何で新幹線の写真かって?行き帰りの時間がぎりぎりでこれしか写真がないのです。


メイン
2009年5月15日
歯科衛生士[あえば矯正歯科医院ブログ]

昨年12月に、当医院では歯科衛生士さんの募集をしました。(このブログにもあります)
その後、報告をしていなかったのですが、2月の後半から1名、4月の中旬から1名の歯科衛生士さんに当医院のメンバーに加わっていただきました。
お二人とも、矯正歯科医院の勤務は初めてですが(矯正専門の医院の割合は少ないので)、一般歯科で長く勤めてたキャリアのある方です。
矯正治療に予防処置は、大変重要で、歯科衛生士さんの担う役割は大変大きく、今後の活躍を楽しみにしています。
現在は、週に多いときで数時間、矯正治療について研修し知識技術の習得に努力しています。

これで、当医院は歯科医師2名、歯科衛生士2名の体制となりました。
これからも質の高い矯正治療を提供できるようにがんばります。


メイン
2009年3月12日
連携[あえば矯正歯科医院ブログ]

今日は、知り合いの歯科医の先生が患者さんの相談でいらっしゃいました。
二人で向かい合って、患者さんのレントゲンと模型を見ながら・・・
あ~だ、こ~だ。。。こうしたら、あ~したら。。。。

お互いの専門の目でみた診断を話し、こうしてあげたいですね、と。
一般歯科医と矯正専門医の連携、こういった時間は私にとってとても仕事が楽しい瞬間です。

矯正治療を含めた治療を受けられるかどうかは、患者さんの選択になりますが、お役に立てたらいいですね。。。


メイン
2009年3月 2日
シンポジウム[あえば矯正歯科医院ブログ]

昨日、大阪へシンポジウムを聞きに行ってきました。
 
2009-03-01.jpg
 
会場は、ワールドトレードセンターコスモタワー(写真右の建物)というところで大阪駅から地下鉄と無人電車を乗り継いで到着。
テーマは『反対咬合の早期初期治療』。つまりは、乳歯列期の反対咬合に対する治療をどうするかという内容です。
主に、一般歯科医あるいは小児歯科医向けに企画されたシンポジウムだったようですが、興味のあるところでしたので行ってきました。
シンポジストの先生は、大学関係が2名、開業医が4名という構成で、それぞれの講演の後に質疑応答という形で進みました。
内容的には、矯正器材メーカー主催のシンポジウムということなのでしょうがないのかもしれませんが、シンポジストの多くが、ある装置の効果を良く言う内容であったことは?な気がしました。残念。。

 2009-03-01-2.jpg
 

ところで、帰りに無人電車の駅に向かっていくと・・・
外に、サンフラワー号を見つけました。(写真はちょっと見にくいですが・・・)
私、小学校6年生の時、神戸に住んでいたことがありまして、瀬戸内海を航行するサンフラワー号を何度か見たことがあったんです。
船体の側面に、昇る太陽が描かれている有名な船です。
ここから、出航しているなんて知らず、目に入ってきた瞬間、ちょっとうれしくなって写真を撮りに行ってしまいました。もっと近くに行こうかと思ったのですが、帰りの時間も迫っていたので・・・・・あきらめて。
551の豚饅をお土産に、富山に帰ってきました。


メイン
2008年11月 4日
半年・・・1800[あえば矯正歯科医院ブログ]

 今年もあと2か月になりましたが、当医院は4月26日に開院してから半年がたちました。
多くの方のおかげでとても良い半年だった気がします。ありがとうございました。

さて、当医院では、治療のたびにお口の中の写真をとらせていただいています(治療に入る前のクリーニングのときなどは、とらないこともたまにありますが)。
これは、治療経過を記録に残して、変化をしっかり観察し、より良い治療をしたいためにしていることなのですが、先ほど、ふと、写真を保存しているコンピューターを見てみたら、すでに1800枚近い写真がありました。
 
あっという間に半年が過ぎたような気がしましたが、こうして写真を見ていると長い半年だったような気もしてきます。

写真撮影をして、記録をとり、それを元に診断をそのつどして毎回の治療にフィードバックしていくことが矯正治療の基本と教わりました。
これからも、基本を守っていきたいと思います。


メイン
2008年11月 3日
アルペン口腔科学フォーラム[あえば矯正歯科医院ブログ]

昨日、日曜日に富山大学歯科口腔外科主催のアルペン口腔科学フォーラムに参加してきました。
このフォーラムは、年に一度行われていて、今年のテーマは「外傷」ということで、矯正歯科に関連した演題も出てましたので参加してきました。

口腔外科の主催の会ということで、普段見慣れない、口腔周囲外傷の症例報告や歯牙脱臼、歯牙ハセツの症例報告など、興味深い話がたくさん聞けました。
また、特別講演では昭和大学歯学部の新谷悟教授の顎口腔インプラントのとても熱いお話を聞き、少し背筋がゾクっとしてしまいました。

会が終了した後の懇親会にも参加し、参加していた多くの先生といろいろと話もできてとても有意義な1日でした。
来年も、参加したいと思います。


メイン
2008年10月13日
スポーツと矯正治療[あえば矯正歯科医院ブログ]

今日は、体育の日でしたが皆さんはどのように過ごされましたか。
いまだに、体育の日は10月10日という固定概念があってなじめません。

さて、矯正治療を受ける患者さんは、小学生から高校生の学生さんが多いわけですが(もちろん、成人の方もいらっしゃいます)、皆さん部活動などで運動部に入っている方が大勢います、みんな今日は試合などがあったのでしょうか?

矯正治療中、運動部に入っていいですか?という質問を受けたことがあります・・・・
もちろん「OK」です。
相手や味方と接触のある球技や格闘技などの場合は、口の周りへの衝撃で口腔内に小さな傷ができたり、装置が壊れたりすることがまれにありますが、相当の衝撃がないとそこまでいかないと思います。

実際、私が見ていた患者さんで、柔道、ボクシング、サッカー、ラグビー・・・・その他。
皆さん、無事治療を終えてます。

ただ、心配なこともあるでしょうから、そんなときは、いつでも気軽にご相談ください


メイン
2008年9月19日
日本矯正歯科学会[あえば矯正歯科医院ブログ]

昨日まで、千葉で行われていた日本矯正歯科学会に参加してきました。
今年のテーマは「グローバルスタンダードにむけて-矯正歯科の新たな展開-」ということで、顎変形症の診断基準やインプラントアンカーの診断基準などの講演、顎関節、痛み、インフォームドコンセント・・・多岐にわたる講演がありました。また、数多くのポスター展示、症例報告がありました。
%E5%AD%A6%E4%BC%9A1.jpg

会場は、幕張メッセでした。幕張にきたのは、初めてでしたが、周りにはマリ-ンスタジアムや、大きなホテルが建つ新しい街でした。駅から会場やスタジアムには歩道橋や歩道でつながれていて、駅を降りたら、人の流れに乗って歩くと会場につく・・・そんな便利なところです。
%E5%AD%A6%E4%BC%9A2.jpg

会場に着いたら、認定医のポイント加算をし、あらかじめ見ようと思っていたポスター展示を見て周りました。その後二日間にわたっていくつかの講演を聴きました。いくつかのヒント、そして刺激を受けてきました。また、日々の臨床に生かして行きたいと思います。
%E5%AD%A6%E4%BC%9A3.jpg
(会場が暗めだったのでコンパクトデジカメでは手ブレがおきてしまいました)


メイン
2008年4月12日
ひとりひとりにあわせて

あえば矯正歯科医院の大きな目標は
『質の高い矯正治療を提供し患者さんに喜んでもらう』
ですが、その達成のために実行していきたいことがあります。
今日はその2番目!治療法についてです。
矯正歯科治療といっても、数多くの治療法があります。
当医院では、主にスタンダードエッジワイズ法という方法を用いて治療を行います。
歯並び、咬みあわせが悪いといっても、誰一人として、まったく同じ状態の人はいないと思います。
したがって、治療は、ひとりひとりにあった治療法を選択し、それぞれの状態(歯の形、あごの形、かおの形)にあわせて治療していかなければなりません。
当医院で用いる、スタンダードエッジワイズ法というのは、簡単に言うと、ひとりひとりの状態に合わせて、ワイヤーを調節していく方法で、フルオーダーメイドな治療法なのです。
質の高い矯正治療を提供するためにはこの方法が最適と考えます。
(目立たない装置の使用も可能です。ご相談ください)

*** あえば矯正歯科医院は子供から大人まで矯正治療を専門に行う歯科医院です。***


メイン
2008年4月 8日
あえば矯正歯科医院の目標

あえば矯正歯科医院の大きな目標は
『質の高い矯正治療を提供し患者さんに喜んでもらう』
ですが、その達成のために実行していきたいことがあります。
今日はその一番目!
【カウンセリング】についてです。
治療に入る前に、私たちに、治療を受ける皆さんの気になる事、お悩みを聞かせてください。
そして、矯正治療について一緒に話しましょう。
そのために、治療に入る前に必ずあなたのための時間と場所を用意します。

十分話して、十分聞いて、十分納得する、これが、私たちのカウンセリングです。

【カウンセリング】、あえば矯正歯科医院の大きな目標の達成のためには必要な時間です。