« 2010年2月 | メイン | 2011年1月 »
2010年3月 4日
インビザライン[あえば矯正歯科医院ブログ]

2月25日東京で行われたインビザライン(マウスピース型の見えない矯正装置)認定コースを受講してきました。
インビザラインが日本に登場したのは数年前だったと記憶していますが
まだ、発売されていない(受け付けていない)時に最初のセミナーがあって、以前勤務していた矯正専門医院から聞きに行って以来です。

IMG_1623.jpg

午前中は、前半に適応症例と診断、後半に検査やインビザライン製作までの手順。
午後は、前半にアメリカのアライン社(インビザラインを作る会社)とのやり取りの手順、後半に症例提示という流れでした。

IMG_1621.JPG
インビザラインは、アメリカでとてもはやっているとのことです。
これは、前のセミナーを受講したときも言ってました。日本でも徐々に症例数が増えているとのことですが、爆発的な人気ではないようです。
やはり、日本人の矯正治療とアメリカ人の矯正治療では対象となる人種の差が適応症を変えているのが大きな理由でしょうか。

以前は、どんな症例にも使えますみたいなセミナーだったような気がしますが、今回の講師の先生は、症例を選びましょう。難しい症例はインビザライン単独ではなく、ブラケットなどの矯正装置と併用しましょう。と・・・
事実だと思います。もちろん、インビザライン単独で十分な方もいらっしゃるとは思いますが、従来の装置と併用したほうがよいのではと、私は考えます。

表側への装置装着が、矯正治療をはじめる障害になっているのであれば、舌側矯正やインビザラインの併用で治療をするのも1つの方法ですね。ご相談ください。